新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

私立お嫁さま学園

本を購入

本価格:734(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:734円(税込)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
私をお嫁にして☆×300人の女の子!☆v
アナタの嫁を選抜するためだけ(!)に創設された史上最大ハーレム女子校。
幼なじみの高崎心愛。生徒会長の戸城三菜子。
お嬢様の豊垣寿里。剣道少女の松生陽美──
Sクラス少女4人に取り合いされて3P、5Pも当たり前!
奉仕競争も裸エプロンも大事な授業!?
立ち読み
☆本日の授業は5P☆
「んはああっ!  これっ、いいぃぃ!」
「ひうっ!  裕哉様の手が、手がぁ!」
  心愛と寿里の二年生コンビが、甘い声で喘ぐ。
(ああ、なんか夢でも見ているみたいだ)
  間近で二人の喘ぎ声を聞きながら、裕哉はついついそんなことを思っていた。
  心愛と寿里の対照的なバストを揉みながら陽美とキスをし、三菜子にはフェラチオ奉仕されている。しかも、いずれの少女も裸エプロン姿なのだ。
  まったく、こんな夢のようなシチュエーションを味わえる日が来るとは、つい先日まで想像もできなかったことである。
「ふあっ、ああっ!  オッパイだけで、ああんっ、ウチ、ひゃうっ、イってまいそうやぁぁぁ!」
「心愛も、ああんっ!  お兄ちゃんに、はうっ、オッパイ揉まれて……きゃふっ、飛んじゃうよぉぉぉ!」
  寿里と心愛が、ついに切羽つまった声をあげた。どうやら、二人ともそろそろ限界のようである。
「レロ、レロ……ああ、裕哉さんのペニスも、こんなに張りつめて……もうすぐ出そうですのね?  んっ、チュロ、ちゅぷ……」
  と、三菜子が陶酔したように言って、肉棒への刺激をさらに強める。
  裕哉自身、ペニスの先まで射精感がこみあげてきているのを感じていた。
「んんっ、じゅるるる……んぐ、んじゅ……」
  キスをしている陽美も、なにやら舌の動きが怪しくなってきていた。顔もすっかり上気し、まるで愛撫でも受けているかのように身体をモジモジさせている。
  彼女は、かなり敏感な体質なので、舌を絡めているだけで相当にできあがってしまったらしい。
「はっ、ああっ!  お兄ちゃぁん!  心愛、イクよぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」
「ひゃううっ、ウチもぉ!  あんっ、もうっ!  んはああぁぁぁぁん!!」
  絶叫とともに、寿里と心愛が身体を強ばらせる。
  さらに、陽美までが「んんんんっ」とくぐもった声をあげ、少年に唇を強く押しつけてきた。その様子から見て、どうやら彼女もエクスタシーに達したようである。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧