新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

私立ふんどし学園

本を購入

本価格:667(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:667円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
「ふんどしHなんて恥ずかしすぎ!」
ボーイッシュな幼なじみ・明梨が☆
アイドル同級生の蛍が☆  担任の灯子先生が☆ふんどし一丁で尻並べ!?
トリプルフェラだってしてあげる!
悪魔が叶えてくれた、史上空前のふんどしハーレム。
ずらっと並んだ女尻のなか、最後に選ぶのはいつもキミ!
立ち読み
☆ふんどしハーレム☆
「や、いやあ、イカせて!  真樹くんのシンボルで、わたしをイカせてええ!」
  蛍の性急な叫びを聞いて、明梨と灯子先生がキスをやめて、同時に叫ぶ。
「ダメッ!  わたしよ!  信之のペニスを入れて、早くわたしをイカせて!」
「真樹くん、担任の命令よ!  先生を真樹くんのおちん×んで、今すぐイカせなさい!」
  三人がそろってエクスタシーを望み、信之の男根を欲して、声を高くする。
「明梨、行くよ」
  明梨の膣口をふさぐふんどしを、亀頭の突撃で破った。奥まで届く一撃で、焦らされつづけた明梨の身体は、瞬時にはるか高みへ飛翔する。
「イクッ!!」
  明梨は叫び、強烈に信之を食いしめる。三人をたっぷりと味わっていたペニスも、すでに限界を迎えて、トリガーが引かれた。
「出すぞ―――っ!!」
  膣の奥で亀頭が膨張し、うなりを上げて精液を放出する。肉棒にえぐられた女体のさらに奥が、猛烈な水圧で押し広げられた。
  明梨は全身が激流に呑まれ、押し流されると感じる。
「もっとイクうっ!  信之に射精してもらってイクッ!  身体中が精液でいっぱいになって、イッちゃふううううう――――――ううっ!!」
  明梨の絶頂を確認して、信之はすばやくペニスを引き抜き、角度を変えて灯子先生のふんどしを突破した。一瞬で女肉が苛烈に収縮する。
「あああ、来た!  真樹くん、来たわ!  イッちゃう!!」
  亀頭からまだ精液は出ている。射精しながら女教師の肉の圧力をはねのけて、奥へと進撃する。
「精液っ!  精液いっぱいもらってるわ!  真樹くんに出されてイクの、最高よほぉぉおおおおっ!!」
  燃える女教師は信之をガチガチに握りしめて、離そうとしない。
「貪欲すぎますよ、灯子先生。ほたるんが待ってるんだ」
  信之が腰を引くと、愛液まみれの肉幹が外に出るとともに、膣肉が引きずられてまくれた。いっしょに女蜜がトプトプとあふれて、尻の下を濡らす。
  引き抜いた勃起を、蛍のふんどしに押しつける。布が濡れた和紙のように破れて、亀頭が蛍の奥へ潜りこんだ。
「戻ってきた!  真樹くんが、わたしのなかに戻って、イクんん―――っ!!」
  即座に、蛍の肉体が信之をさらに奥へ引きこもうと絶唱する。残った最後の精液が、アイドルの腹のなかへそそがれる。
「来るぅ!  真樹くんの精液が、わたしのなかにドクドク沁みこんでる!  射精されるの、気持ちいひぃい!  イクッ!  イクイクイクぅ――――――ぅんん!!」
  蛍の身体が、明梨の上からずり落ちて、プールサイドに横たわった。
  明梨もいっしょに落ち、手足を伸ばしてピクピクと痙攣する。
  灯子先生は四肢を大の字にして、荒い吐息とともに、なめらかな腹を激しく波打たせている。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧