新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

剣士と子づくりハート

本を購入

本価格:667(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:667円(税抜)

獲得ポイント:7pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介
「今夜もいっぱい、注いで下さい☆」
三つ指をつき、子種をねだるのは──なんと世界最強の剣士達!?  
二刀流の宮本葵、西洋騎士リーナ、眼帯の柳生千影。
最強血統と正妻の座を巡って、剣豪少女がアナタの豪刀を奪い合い☆
純情無敵な押しかけ剣士をメロメロにして、目指せ、夢のボテ腹ハーレム☆
立ち読み
☆ハーレム冥利!☆
「おぉう……これはこれは」
  悠斗は許婚の三人を壁際に並ばせ、壁に手をついてお尻を突き出させた。
  むっちりとした肉付きのよい尻たぶが、艶かしくくねる。
  外気に晒された下半身が、悠斗を魅了してやまない。
  恥毛の奥にある淫裂はわずかに蜜を滲ませて光沢を放ち、特に千影は一度絶頂を迎えたことで、引き締まった白い太腿から足元にかけて、大量の淫液が滴っていた。
  あまりにも卑猥な光景に、射精直後のペニスもあっという間に漲ってしまう。
「んふっ……悠斗様の備前長船長光が、先ほどより硬く張りつめて……素敵です」
  割れ目を突き出しながら扇情的に呟く葵に、悠斗は思わず生唾を呑む。
「悠斗さぁん……ただ眺めているだけなんて勿体無いですわよ?  あたくしのオマ×コ、疼いてトロトロですのよ……」
  リーナも艶っぽい眼差しで見つめながら、自ら尻たぶを左右に開いて鮮やかな色の粘膜と、その上にある小さな窄まりまで露出して、しっとりと濡れた口調で囁く。
「わ、私だって……胸だけじゃなくて、チ×ポが……嫁チ×ポ、マ×コの奥までっ、その豪刀でグリグリ押し広げられながら、滅茶苦茶にしてほしいっ!!」
  母乳を噴いてだらしない痴態を晒したことで、劣情が自制心を上回った千影も、先程の強気な姿勢が嘘のように、淫猥な言葉で挿入を懇願してきた。
  リーナに対抗して、尻肉を限界まで広げ、ぱっくりと開いた膣腔を見せつける。その際、大量に膣内に堪っていた粘液が一気に溢れ、まるで失禁してしまったように流れ落ちていく。
  それぞれ魅力的で、こんな卑猥なアピール合戦をされると、誰から挿入すべきなのか迷ってしまう。
  割れ目の形や位置も微妙に違うが、鮮やかなサーモンピンクの花弁が、どれも劣情を誘発させるように煌いていた。
「ゆ、悠斗様……そんなにジッと見られたら、恥ずかしいです」
  本当に恥ずかしがっていても、艶かしくくねる腰や潤んだ瞳は、興奮して待ち焦がれているようにしか見えない。
「そう言われてもなぁ……」
  濡れた淫裂から立ちこめる淫臭に、悠斗も我慢できなくなってきた。
「あたくしのオマ×コにください……その逞しい名刀が一番馴染むのは、このトロトロオマ×コですわぁ……赤ちゃんのいる子宮に、またいっぱい注いで下さいませ」
  リーナも焦れてきたらしく、腰を回しながら膣口を開閉させて訴える。
「じゃあ、まずは……」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧